2016年12月20日

 酒井式Simple Englishー中3レベルの英語 1日20分 3ヶ月でペラペラに


 酒井式Simple Englishを開発したのは、1日20分で実用的な英語を30日間でマスターさせる、英語トレーナーの酒井一郎氏。
 Magic81という81パターンの英文をトレーニングするだけで、自然と日常会話をマスターさせる、奇跡に近い学習法です。
 お金や時間を使わず、少ない労力で実用的英語をマスターする方法です。

 実は、中学3年の2学期までの英語の知識があれば、3ヶ月で話せるようになることは可能です。
 本当に81文+応用文121センテンスだけで、英語が話せるようになります。
 今までの英語学習法とは、アプローチが全然違います。

 最初は戸惑いを感じるかも知れませんが、過去14,800人以上の“成功者”を生み出してきた、実証済トレーニング方法です。

 英語トレーナーの酒井一郎氏は、30年近く英語教授法の研究と開発を行ってきたそうです。
 英語に関する著書は、19冊(韓国・台湾で4冊翻訳)、中には実部42万部の大ベストセラーになった本もあり、大学、専門学校、英会話教室等でも著書が採用されています。
 教科書の執筆や、元英検面接委員としても活躍した方です。

 酒井氏のスクールには、毎日のように以下のような相談者が訪れるそうです。
 「英検2級、TOEIC 700点なのに話せない」
 「さんざん英語を勉強したのに全く自信がない」
 
 実は、すでにこういうことで悩んでいる発想自体が大問題なのです。
 英語の資格や長時間の勉強をしたから英語が話せる、という訳ではありません。

 英語が話せない本当の原因は以下の2つです。
 ◆英語の勉強ではなく、脳の潜在意識を活性化させるトレーニング不足。
 ◆知識ばかりで、心理面の重要性を全く無視していること。
 
 英語を話すことと、聞き取ること。
 これらは学問ではなく、スポーツや楽器の習得に近い技能の習得なのです。

 また、日本人の95%は、実体以上に英語は難しいという先入観に囚われています(これは、他の国ではありえません)。
 これを分かりやすく説明し、英語のトラウマを取り除きます。

 実は、あなたは学校教育で、最低限の読み書きはできていますので、話せるようになるまでは、もう一息なのです。
 そのもう一息をかなえてくれるのが、酒井式Simple Englishです。

 1日20分で、実用的な英語を30日間でマスターできます。
 (すでに5200人の人がマスターしています。)
 逆にいえば、このトレーニングだけで、TOEIC 820点の人より、実用的な英語力は上になってしまいます。

 「通信教材、英語CDを買ってみようか?」
 「TOEICなどの資格試験を受けようか?」
 「英会話スクールに通おうか?」

 あれこれやる前に まずは酒井式Simple Englishから始めるのがおすすめです。
 英語の全体像が分かり、その後の英会話勉強が超効率的になります。
 まずはココから始めるのがベストです。
  
 関連リンク:酒井式Simple English




 
posted by todo at 10:40| 英会話 | 更新情報をチェックする